結論が先に来る知識書庫-言いたいことも言えないなんて絶対?-

国民保険未納の貧乏生活 ネットビジネスはどれだけ稼げるのかも追います 宜しければ広告の無料登録,購入宜しくお願いします heatup00100@gmail.com

ubereats(ウバ活)見落としがちな注意点と準備 ※一番下に知られざる最重要ポイントが書いてあります

 

前回の続き

deepfw.hatenablog.com

 

・社用のカバンを使うなら改造が必要

 

やたらとデカい鞄の癖に、ドリンクとバーガーだけの時があるので、そういう場合は中で暴れてしまいます。

タオルなど自前で改良しなければならないのは難点ですね

簡易ドリンクホルダーぐらい彼方で作れそうですけどね

 

 

・バッグは公式のでなくても良い

 

どっかで見た記事にこの件でサポセンにメールした人がいて、規約と返答内容にも

結論から言って”社用のを使う様にお願いはしている”というのが回答でした。

実際に、何軒か社用のではなく、自前のバッグでやってみましたが、むしろ社用のカバンの方がキャパシティが大きい

自前の方がコンパクトで、ドリンクなど 運ぶのが適していました

でも、保温性と雨対策はやっておいた方が良いですね

 

 

スマホホルダーは必須ではない

 

逐一 止まらなければならないので必須に近いあったほうがいいレベル

 

 

・紹介コードで10万とか5万とか、あれが本当に貰えるかは振り込む人次第

 

初回配達完了で5000円というキャンペーンはuber側の意向なので払われますが、招待の方は完全に振り込む側の裁量になります。

 

 

・折り畳み自転車、ママチャリでも十分

 

真面目な日本人はせっかく海外企業が新しい働き方を提案してくれているというのに、”注文して頂いている”とか、すぐ届けなきゃ等 気負いがち

早く届けるという心構えは良いですが、そもそも、そんなに早く欲しい物ならuberなんて利用しませんよ注文者は 自分で行きます

 

uberを利用する人っていうのは、仲介を通してでも外から出たくない人(ドアの前で手だけだして商品を渡す例がある)や赤字じゃねーのかってくらいのお得なクーポンを使いたい人 等です

つまり、ちょっと歩けばそこにある店をわざわざアプリを通して購入する理由と、得体の知れない誰かが運んでくることを天秤に掛けた結果、前者を選んだ訳です。

ツイッターでバズったあの料理ぐちゃぐちゃエントランスポイ捨て画像公式マニュアル対応のやつは流石にアレですが、

注文者と配達者の”気軽さ”を自ら阻害する必要は無いでしょう

 

とまあ長々と書きましたが、やっぱり私も運ぶときは気使いますね・・・ダメだこりゃ

 

で、自分が持ってる使い古しの自転車じゃできないよなって思ってる人もできますという話です

脚力、錆び付き 色々と要素が関わると思いますが公式による明確な定義は無いし、車体を調査することもありません。

まずはやってみて遅すぎてしまった場合のみ改善することをお勧めします

 

・顔写真や本名の登録、相手側にGPSで移動している詳細が知られる

 

ここがuberの最も意味不明な点です、保守性にうるさい日本のピザやカツのデリバリーでも顔写真や現在地は知られないのに

また、若い女性が配達したら注文者のおっさんに○○ちゃんと呼ばれたり、アラブ系の外国人ドライバーが間違えて母国語でメッセージのやり取りをしてしまっただけでSNS上でボロクソに言われて顔写真ごとアップロードされていました。

何があろうとも立派な肖像権の侵害なのでモラルが無い猿人に退化する様な行動は慎みましょう

 

あと、注文者側が暇だからドライバーの行動を監視している趣旨をツイッターで発信している人もいます。

はじめてのおつかいを見ている気分なんでしょうか 「そっちじゃないよー」なんて画像付きで上げてますけど、それメッセージか電話で伝えてあげれば良いんじゃないですか?w 伝えるところ間違えてますよ?????????

 

 

以上が、どのサイトでもあんまり書いてない注意点です

去年にubereatsに対抗すべく労働組合が立ち上げられました Twitterでは”そんな事してる暇あったら自転車の運転どうにかしろ”

という声がありましたが、確かに危ないし止めた方が良いですが、それはでけえカバン背負ってるだけでウーバーに限った話ではないし、この労働組合とウーバーイーツの悪徳システムが論点なので走行の話は別ですね

会社側の良い様にされている点を改善すべく立ち上がっているので、注文者のメリットにもなります

 

稼ぐなら素直にドメイン取ってA8のアフィつけとく事をおすすめします↓

 

次回は注文者側視点